【東雲賞】(中山)~モアナが人気に応える [News] [News]
2018/01/20(土) 16:16

中山10Rの東雲賞(4歳以上1000万下・ハンデ・芝1600m)は1番人気モアナ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒6(良)。クビ差の2着に8番人気ショウナンアンセム、さらにクビ差の3着に4番人気シャララが入った。

モアナは美浦・高橋文雅厩舎の4歳牝馬で、父キンシャサノキセキ、母プロミネント(母の父タイキシャトル)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 モアナ(内田博幸騎手)
「しっかりと今日は折り合いがつきました。前回の競馬が活きた感じです。直線では反応がもうひとつでしたが、坂を登るきついところで加速がついて伸びてくれました。いい競馬だったと思います」

2着 ショウナンアンセム(吉田隼人騎手)
「マイルだとかんでしまいます。うまく内に入れて我慢させることが出来ましたが、府中の1400mくらいの方が合っていると思います」

3着 シャララ(戸崎圭太騎手)
「道中もいい感じで走っていましたし、最後もしぶとく頑張っていました」

5着 スズカメジャー(三浦皇成騎手)
「1番ゲートで外の馬を気にして出遅れてしまいました。終いは脚を使っていますが、気性のコントロールが難しい馬です」

【初茜賞】(中山)~ハイランドピークが逃げ切る [News] [News]
2018/01/20(土) 16:01

中山9Rの初茜賞(4歳以上1000万下・ダート1800m)は1番人気ハイランドピーク(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒9(稍重)。10馬身差の2着に5番人気リヴァイアサン、さらにハナ差の3着に3番人気コティニャックが入った。

ハイランドピークは美浦・土田稔厩舎の4歳牡馬で、父トーセンブライト、母ハイランドダンス(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ハイランドピーク(横山典弘騎手)
「少し速いとは思いましたが、道中あれほど離していたとは思いませんでした。一度息を入れて、その後は最後までしっかりと走っていました。以前乗ったことがある馬ですが、今日は落ち着いていました。まだ良化余地を残しています。今後楽しみです」

2着 リヴァイアサン(石橋脩騎手)
「勝った馬は強いと思っていましたが、最後の直線に向くまでに並びかけられたらいいと思っていましたが、ついて行けませんでした。やはり強かったです」

3着 コティニャック(戸崎圭太騎手)
「3コーナーから4コーナーでささりだして少しおかれてしまいました。しかし、それでも最後盛り返して差を詰めてくれました」

4着 リヴェルディ(吉田隼人騎手)
「ペースが速かったです。あのペースで行かれたらきついですね」

【祇園特別】(京都)~ロライマが勝利 [News] [News]
2018/01/20(土) 15:17

京都9Rの祇園特別(4歳以上1000万下・芝1400m)は2番人気ロライマ(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒3(稍重)。クビ差の2着に4番人気サフランハート、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気キアロスクーロが入った。

ロライマは栗東・松田国英厩舎の5歳セン馬で、父キングカメハメハ、母ミルフィオリ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は16戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ロライマ(M・デムーロ騎手)
「手前を替えるのが上手ですね。京都も合います。いい瞬発力を持っています」

4着 オリエンタルポリス(国分優作騎手)
「終いは詰まってしまいました。自信を持って外を回せば良かったですね。条件は合っていると思います」

6着 メイショウカリン(岩田康誠騎手)
「楽に行けましたけど、ラスト1ハロンで止まってしまいました。1200mの方がいいかもしれません」

【3歳500万下】(中山7R)~タマモアモーレが勝利 [News] [News]
2018/01/20(土) 14:51

中山7Rの3歳500万下(ダート1200m)は3番人気タマモアモーレ(武藤雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒7(稍重)。5馬身差の2着に1番人気フェリーチェ、さらに2馬身差の3着に2番人気カミノコが入った。

タマモアモーレは美浦・伊藤圭三厩舎の3歳牡馬で、父サウスヴィグラス、母チャームダンス(母の父アフリート)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 タマモアモーレ(武藤雅騎手)
「調教の時から乗っていて、能力が高いことは分かっていました。砂を被ると嫌がるので、今日は外枠だったことも良かったです。連勝してくれましたし、勝ち時計も良かったです」

2着 フェリーチェ(菊沢隆徳調教師)
「勝った馬が強かったです。直線で内から自分の脚を使えていて、昇級初戦としてはとても良い内容でした」

3着 カミノコ(三浦皇成騎手)
「まだ緩さがありますが、跳びが大きくてフットワークのいい馬です。使いながらさらに良くなると思います」

4着 ハーモニーライズ(石橋脩騎手)
「スタートが上手で、競馬が組み立てやすかったです。内枠からロスなく行けて、直線もいいところに出せました。今日は上位馬が強かったですが、この馬にも順番がまわってくるでしょう」

【メイクデビュー】(中山4R)~トラストテッペンがデビュー勝ち [News] [News]
2018/01/20(土) 14:49

中山4Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は5番人気トラストテッペン(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分12秒8(稍重)。3馬身半差の2着に2番人気クインズティガ、さらにクビ差の3着に3番人気フルネスが入った。

トラストテッペンは美浦・高木登厩舎の3歳牝馬で、父トランセンド、母カウントオンミー(母の父バブルガムフェロー)。

~レース後のコメント~
1着 トラストテッペン(三浦皇成騎手)
「返し馬からいい跳びをしていました。軽い馬場はいいのかもしれません。ハナに行ってからフワッと行けました。軽い走りをするので芝でもいいのかもしれません。センス良かったです」

3着 フルネス(柴田善臣騎手)
「まだ不安定なところがあります。体の使い方がばらついています。稽古は良く動くのですが...」

4着 ブチャコ(石橋脩騎手)
「テンはジワジワとしていましたが、外枠でスピードに乗せられました。いい感じで伸びています。まだ体が緩いので、締まってくるといいですね」

7着 ルコンセール(戸崎圭太騎手)
「返し馬では良い感じで走れていました。しかし、レースでは4コーナーに入ったあたりから、直線では左にささっていました。ささってしまった理由は分かりません。でも能力はある馬ですよ」

【メイクデビュー】(京都3R、4R)~エイシンデルフィー、エイカイキングがデビュー勝ち [News] [News]
2018/01/20(土) 14:31

京都3Rのメイクデビュー京都(牝馬・ダート1400m)は8番人気エイシンデルフィー(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分27秒7(重)。2馬身半差の2着に3番人気フラミンゴ、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気メイショウセレーノが入った。

エイシンデルフィーは栗東・今野貞一厩舎の3歳牝馬で、父エイシンアポロン、母エーシンピュリティ(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 エイシンデルフィー(岩田康誠騎手)
「出負けした形でしたがうまくさばいて出て行けました。3コーナーでハミを取ってからはいい感じで進んで、追い出してからは狭い所を抜けてくれました。勝負根性のある馬です」

1着 エイシンデルフィー(今野貞一調教師)
「とても真面目な馬です。内から良く伸びてくれました。これからまだ良くなる馬だと思います」

2着 フラミンゴ(四位洋文騎手)
「スタートが速いと聞いていましたが、初戦ですし、まわりの馬が速く少し後方からのレースになりました。それでもリズム良く走りましたし、中団からいい感じでレースが出来て最後も頑張って伸びてくれました。チャンスは近いと思います」

3着 メイショウセレーノ(高倉稜騎手)
「スタートから前に進んで行きませんでした。道中は砂を被るのを嫌がって、我慢させて追っつけながらのレースでした。直線で外に出してからはいい伸びでした。今日のレースがいい経験になってくれればと思います」


京都4Rのメイクデビュー京都(ダート1800m)は2番人気エイカイキング(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒4(重)。3/4馬身差の2着に1番人気オースオブオフィス、さらに2馬身半差の3着に9番人気ゴッドミラクルが入った。

エイカイキングは栗東・藤原英昭厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母エミーズスマイル(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 エイカイキング(C・ルメール騎手)
「道中のペースが遅くて位置を上げていきましたが、リラックスしていましたし、直線もよく伸びました。真面目で乗りやすく能力があります」

1着 エイカイキング(藤原英昭調教師)
「デビューをここまで待ったように弱さがありましたが、これから良くなってくると思います。今日は調教通りの走りでした。距離はこれくらいが合っているようです」

3着 ゴッドミラクル(松山弘平騎手)
「道中物見をしながらも、しっかりと踏ん張ってくれました。レースセンスがありますし、チャンスがあります」

京都5Rの競走中止について [News] [News]
2018/01/20(土) 14:16

京都5Rで、15番キューピッドアロー(C・ルメール騎手)は、下記疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止した。

 馬:左第3中手骨開放骨折
   ※予後不良
騎手:異状なし

(JRA発表による)

【馬場情報】中山競馬場 [News] [News]
2018/01/19(金) 13:45

1月19日(金)正午現在の中山競馬場の馬場情報は以下の通り。

天候:晴
馬場状態:(芝)良/(ダート)やや重

(芝の状態)
3~4コーナー、及び正面にかけて、コース内側に傷みがある。

(芝の草丈)
・芝コース
野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

(使用コース)Cコース(Aコースから6m外に内柵を設置)

(中間の降水量)
17日(水)に18.0mm、18日(木)に0.5mmの雨量を観測。

(中間の作業内容)
・芝コース
特記する作業は行っていない。
・ダートコース
17日(水)~19日(金)にクッション砂の砂厚を9.0cmに調整。


(JRA発表)

【馬場情報】京都競馬場 [News] [News]
2018/01/19(金) 13:42

1月19日(金)正午現在の京都競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:曇
馬場状態:(芝)重/(ダート)重

(芝の状態)
コース全体に傷みが出ている。

(芝の草丈)
芝コースは野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm。

(使用コース)
Aコース(内柵を最内に設置)

(中間の降水量)
17日(水)に31.0mmの降水量を記録した。

(中間の作業内容)
●芝コース
特記する作業はない。

●ダートコース
17日(水)~19日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。

(JRA発表)

【馬場情報】中京競馬場 [News] [News]
2018/01/19(金) 13:30

1月19日(金)正午現在の中京競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:晴れ
馬場状態:(芝)良/(ダート)稍重

(芝の状態)
1週使用したが、傷みは少なく概ね良好な状態。

(芝の草丈)
芝コースは野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm。

(使用コース)
Bコース(Aコースから3m外に内柵を設置)

(中間の降水量)
17日(水)に9.5mmの降水量を記録した。

(中間の作業内容)
●芝コース
特記する作業はない。

●ダートコース
16日(火)、19日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。

(JRA発表)

全145件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の10件 ]