【古都S】(京都)~先に抜け出したアドマイヤエイカンが押し切る [News] [News]
2018/10/27(土) 16:13

京都10Rの古都ステークス(3歳以上1600万下・芝2400m)は1番人気アドマイヤエイカン(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分29秒0(良)。ハナ差の2着に4番人気シュペルミエール、さらにハナ差の3着に3番人気サトノケンシロウが入った。

アドマイヤエイカンは栗東・須貝尚介厩舎の5歳牡馬で、父ハーツクライ、母ペルヴィアンリリー(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は16戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アドマイヤエイカン(C・ルメール騎手)
「2番手でとてもリラックスしてレースをしてくれました。ゴールまで長くいい脚を使いました。スタミナのある馬です」

2着 シュペルミエール(池添謙一騎手)
「休み明けでしたが、馬は仕上がっていました。直線で追い出しを待たされる形になりました。差がわずかだっただけに残念です。もったいないレースでしたが、力のある馬です」

3着 サトノケンシロウ(川田将雅騎手)
「グローブシアターを見ながらレースをするように指示がありました。直線では自分の脚は使っていますし、差はわずかでした。よく頑張っていると思います」

4着 グローブシアター(M・デムーロ騎手)
「展開が向きませんでした。外枠だったので、前へ行かせず勝ち馬の後ろのいいポジションを進みましたが、伸びはジリジリした感じでした」

【神無月S】(東京)~マリームーンが人気に応えて追い比べを制す [News] [News]
2018/10/27(土) 15:50

東京10Rの神無月ステークス(3歳以上1600万下・ダート1400m)は1番人気マリームーン(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒3(良)。ハナ差の2着に2番人気レイダー、さらにクビ差の3着に8番人気タイセイプレシャスが入った。

マリームーンは美浦・藤沢和雄厩舎の3歳牝馬で、父カジノドライヴ、母クラウンアスリート(母の父アフリート)。通算成績は12戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 マリームーン(武豊騎手)
「いいポジションにつけてレースの流れに乗れました。直線で内から寄られましたが、いい勝負根性があります。いい馬です」

2着 レイダー(J・モレイラ騎手)
「外枠でしたが、スピードがあり、無理せずいいところにつけられスムーズに行けました。手応えも良く先頭に立ちましたが、そこで集中力を欠き、フワッとしてしまいました。能力の問題ではありません」

3着 タイセイプレシャス(大野拓弥騎手)
「休み明けを1回使って反応が良くなっていました。終いの脚もしっかりとしていました」

5着 クライシス(戸崎圭太騎手)
「スタートで出てくれたのは成長したところだと思います。流れに乗りましたが、道中力む所がありました。まだ緩さがあります」

【国立特別】(東京)~軽量エスターテが差し切る [News] [News]
2018/10/27(土) 15:47

東京9Rの国立特別(3歳以上1000万下・ハンデ・芝1400m)は9番人気エスターテ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分19秒9(良)。クビ差の2着に8番人気キャナルストリート、さらにクビ差の3着に1番人気モアナが入った。

エスターテは美浦・伊藤伸一厩舎の3歳牝馬で、父ベーカバド、母トウカイメガミ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エスターテ(松岡正海騎手)
「直線で3着馬の後ろから運びたかったのですが、進路がなくて、2着馬を先に行かせてからになりました。脚がたまっていて、いい脚を使ってくれました。以前からタメる形が良いと分かっていましたが、そういうレースが出来るようになって、身になっていますね」

2着 キャナルストリート(浜中俊騎手)
「直線では『ここで抜け出さないと進路がなくなる』と思い、先に動きましたが、抜けた瞬間にソラを使ってしまいました」

3着 モアナ(C・オドノヒュー騎手)
「前が開かなかった分だけ届きませんでした。距離は合っています」

【萩S】(京都)~サートゥルナーリアが無傷の2連勝 [News] [News]
2018/10/27(土) 15:34

京都9Rの萩ステークス(2歳オープン・芝1800m)は1番人気サートゥルナーリア(M・デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒6(良)。1馬身3/4差の2着に2番人気ジャミールフエルテ、さらに2馬身半差の3着に5番人気セグレドスペリオルが入った。

サートゥルナーリアは栗東・中竹和也厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア、母シーザリオ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サートゥルナーリア(M・デムーロ騎手)
「最初前へ行きたがる感じでしたが、それはペースが遅すぎたため。もともと折り合いのいい馬で、その後は折り合い良く進んで直線はずっと手綱を持ったままで抜かれる感じがしませんでした。かなりのポテンシャルがあります」

2着 ジャミールフエルテ(C・ルメール騎手)
「勝った馬が強すぎました。この馬も良く伸びたのですが、勝った馬はもっと伸びました。今日のレースに課題があったとすれば右にもたれたことぐらいでこの馬もいい馬です」

3着 セグレドスペリオル(池添謙一騎手)
「スローな流れでも3番手で折り合ってレースが出来ました。直線も良く頑張っています」

【メイクデビュー】(東京4R、5R)~ペイシャムートン、レディマクベスがデビュー勝ち [News] [News]
2018/10/27(土) 14:49

東京4Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は7番人気ペイシャムートン(C・オドノヒュー騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分28秒0(稍重)。5馬身差の2着に2番人気ペイシャコリンナ、さらに3/4馬身差の3着に1番人気クリスタルアワードが入った。

ペイシャムートンは美浦・小笠倫弘厩舎の2歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母タイキアヴェニュー(母の父ティンバーカントリー)。

~レース後のコメント~
1着 ペイシャムートン(C・オドノヒュー騎手)
「もう少し長い距離でも使える馬ですが、現状、少し体の弱い所があるので、このくらいでちょうど良かったです。体が出来たらさらに良くなると思います」

2着 ペイシャコリンナ(田中勝春騎手)
「センスの良い馬です。まだ少しモタつくところがありますが、最後は良く伸びてくれました」

3着 クリスタルアワード(J・モレイラ騎手)
「ダートも距離も問題ありません。まだ新馬ですし、この経験が次につながると思います」

4着 ワンダーヴァレッタ(柴田大知騎手)
「砂を被っても大丈夫でしたが、まだとぼけて走っているところがあります。集中して走れるようになれば、もっと良いですね」


東京5Rのメイクデビュー東京(牝馬・芝1600m)は1番人気レディマクベス(J・モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒0(良)。3/4馬身差の2着に2番人気レッドベルディエス、さらに7馬身差の3着に4番人気フォークアートが入った。

レディマクベスは美浦・藤沢和雄厩舎の2歳牝馬で、父ハーツクライ、母レディオブオペラ(母の父Singspiel)。

~レース後のコメント~
1着 レディマクベス(J・モレイラ騎手)
「水曜の調教に乗って、能力がありそうだと感じていました。レースでは教育しながら、終い切れる脚を使ってくれました」

2着 レッドベルディエス(C・オドノヒュー騎手)
「よく頑張って走ってくれましたが、最後は枠の差が出ました」

3着 フォークアート(三浦皇成騎手)
「テンションが血統的にも心配でしたが、その点もおさえていけました。上位2頭は強かったですが、いい内容の新馬戦だったと思います」

4着 ボニーソックス(武藤雅騎手)
「レース前、テンションが高く、どうかと思いましたがすぐに落ち着いてくれました。最後はしっかりこれていますし、初戦としては良かったと思います」

【メルボルンカップ】(豪・G1)~日本馬2頭、ウェリビー競馬場で調整を続ける [News] [News]
2018/10/26(金) 15:35

 11月6日(火)にフレミントン競馬場で行われるメルボルンカップ(G1・芝3200m)に出走を予定しているチェスナットコート(牡4歳、栗東・矢作芳人厩舎)、ソールインパクト(牡6歳、美浦・戸田博文厩舎)の26日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

●チェスナットコート
<調教状況>(ウェリビー競馬場、吉井竜一調教師(大井)が騎乗)
・芝コースでハッキング
・オールウェザーコースでキャンター
・オールウェザーコースで1000mを単走で大きめに乗る

<吉井竜一調教師のコメント>
「使った後もダメージは全くなく、長めで息を作る感じの調整でした。いい走りで動きに問題はありません。まだ最終追い切りまで一週あるので余力を残した状態です。これからは平均的にペースを上げて調整を進め、矢作調教師の指示で最終追い切りに臨みます」

●ソールインパクト
<調教状況>(ウェリビー競馬場、戸田博文調教師が騎乗)
・芝コースでハッキング
・オールウェザーコースでキャンター
・オールウェザーコースで800mを単走で馬なりの調整

<戸田博文調教師のコメント>
「前走は、競馬の前に強いところを追って、体調は上がっていましたが、少し物足りなさがあったのは、久々の影響かもしれません。レースを使った後も疲れはなく、馬に力強さが出てきましたので、使った上積みを感じるのは間違いありません。現時点でメルボルンカップに出走できるかわからない状況で、また、調教馬場の違いもあり、調整が難しいところもありますが、この後もさらに状態が上向くよう調整を続けます」

(JRAからのリリースによる)

【馬場情報】新潟競馬場 [News] [News]
2018/10/26(金) 13:34

10月26日(金)正午現在の新潟競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)晴
(馬場状態)芝:良 ダート:良

(芝の状態)
Aコース(内柵を最内に設置)を使用。内・外回り3コーナーから4コーナーおよび正面直線において、内柵沿いに傷みが見られる。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約12~14cm

(含水率)測定時刻 午前10時30分
芝コース:ゴール前11.3%、4コーナー11.6%
ダートコース:ゴール前8.3%、4コーナー8.6%

(中間の降水量)
19日(金)2ミリ、20日(土)1.5ミリ、23日(火)2ミリ、24日(水)3ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
22日(月)芝の生育管理のため散水を実施。
・ダートコース
24日(水)~25日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(JRA発表)

【馬場情報】京都競馬場 [News] [News]
2018/10/26(金) 13:33

10月26日(金)正午現在の京都競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)晴
(馬場状態)芝:良 ダート:良

(芝の状態)
Aコース(内柵を最内に設置)を使用。コース全体の内側に傷みが出ている。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約10~12cm、洋芝約12~16cm

(含水率)測定時刻 午前9時40分
芝コース:ゴール前11.8%、4コーナー8.7%
ダートコース:ゴール前1.3%、4コーナー2.0%

(中間の降水量)
20日(土)0.5ミリ、23日(火)3ミリ、24日(水)0.5ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
21日(日)、23日(火)、25日(木)芝の生育管理のため散水を実施。23日(火)芝刈りを実施。24日(水)~26日(金)殺菌剤を散布。
・ダートコース
24日(水)~26日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(JRA発表)

【馬場情報】東京競馬場 [News] [News]
2018/10/26(金) 13:32

10月26日(金)正午現在の東京競馬場の馬場状態は以下の通り。

(天候)曇
(馬場状態)芝:良 ダート:良

(芝の状態)
今週からBコース(Aコースから3m外に内柵を設置)を使用。柵の移動によって大きな傷みはカバーされ、良好な状態。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約10~12cm、洋芝約12~16cm

(含水率)測定時刻 午前8時30分
芝コース:ゴール前14.5%、4コーナー12.9%
ダートコース:ゴール前2.4%、4コーナー1.8%

(中間の降水量)
19日(金)0.5ミリ、20日(土)4ミリの雨量を記録した。

(中間の作業内容)
・芝コース
22日(月)、26日(金)芝の生育管理のため散水を実施。23日(火)芝刈りを実施。24日(水)殺菌剤を散布。24日(水)肥料を散布。
・ダートコース
23日(火)~26日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。

(JRA発表)

平成31年度競馬学校騎手課程(第38期)の合格者が発表 [News] [News]
2018/10/26(金) 11:28

来年4月入学予定の競馬学校騎手課程(第38期)入学試験合格者9人が以下の通り発表された。

今村聖奈(いまむら せいな) 14歳
大久保友雅(おおくぼ ゆうが) 15歳
川端海翼(かわばた かいと) 15歳
佐々木大輔(ささき だいすけ) 14歳
土田真翔(つちだ まなと) 14歳
角田大河(つのだ たいが) 15歳
西塚洸二(にしづか こうじ) 14歳
山下浩平(やました こうへい) 14歳
鷲頭虎太(わしず こた) 14歳

※今村さんは女性。年齢は平成30年10月26日(金)現在。
※応募者は115名、一次試験受験者は110名。一次試験合格者は33名、二次試験受験者は32名だった。

(JRA発表)

全338件中 51件〜60件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 次の10件 ]