【フォーチュンC】(阪神)~シンギュラリティが人気に応えて叩き合いを制す [News] [News]
2018/12/28(金) 16:36

阪神10Rのフォーチュンカップ(3歳以上1000万下・芝1800m)は1番人気シンギュラリティ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒9(良)。クビ差の2着に2番人気ジェシー、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気テリトーリアルが入った。

シンギュラリティは栗東・松田国英厩舎の4歳牡馬で、父ダノンシャンティ、母サミットヴィル(母の父Grand Lodge)。通算成績は20戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 シンギュラリティ(松山弘平騎手)
「スタート良く、良い位置につけられました。追ってからもしっかりと反応してくれました。最後もよくしのいでくれました」

2着 ジェシー(藤岡佑介騎手)
「こんなコース形態は初めてでしたが、2番手からうまく対応してくれました。よく伸びていますし、もう少しでした」

3着 テリトーリアル(岩田康誠騎手)
「自分の形で運ぶことができました。しぶとく踏ん張っています」

4着 オールザゴー(佐藤友則騎手)
「スムーズに折り合っていましたが、距離が延びた分折り合いに気をつけて控えました。結果的には前に行っても良かったかもしれません」

【立志S】(中山)~アンデスクイーンが外からまとめて差し切る [News] [News]
2018/12/28(金) 16:08

中山10Rの立志ステークス(3歳以上1600万下・ダート1800m)は4番人気アンデスクイーン(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒2(良)。1馬身1/4差の2着に7番人気エオリア、さらに3/4馬身差の3着に3番人気デザートスネークが入った。

アンデスクイーンは栗東・西園正都厩舎の4歳牝馬で、父タートルボウル、母レイナカスターニャ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は21戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 アンデスクイーン(C・ルメール騎手)
「今回それほど忙しくなく、ずっと反応してくれました。前回はスペースがありませんでしたが、今日は大外からよく伸びてくれました」

2着 エオリア(津村明秀騎手)
「よく頑張ってくれました。競馬が上手です。狭い所でも伸びる根性があります。昇級戦でしたが、このクラスでも通用しそうですし、楽しみです」

4着 マイネルビクトリー(柴田大知騎手)
「休み明け3戦目で調子が上がってきたようです。本来はもっと距離があった方がいいタイプですが、この感じなら中山1800mでも楽しみです」

【YJSFR中山第2戦】(中山)~好位から運んだロードゴラッソが差し切る [News] [News]
2018/12/28(金) 15:55

中山9Rの2018ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山第2戦(3歳以上1000万下・ダート1800m)は4番人気ロードゴラッソ(松木大地騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分53秒4(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気パレスハングリー、さらにクビ差の3着に5番人気マルヨシャバーリー が入った。

ロードゴラッソは栗東・藤岡健一厩舎の3歳牡馬で、父ハーツクライ、母サッカーマム(母の父Kingmambo)。通算成績は9戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードゴラッソ(松木大地騎手)
「折り合いがつきました。コーナーでふくれるのに気をつけて、と聞いていて、1コーナーでふくらみかけたのですが、すぐに内ラチをとれました。人気馬を見ながら進めて、ワンテンポ遅れる形でしたが、直線を向いて外に出せました。落ち着いて乗ることができました」

2着 パレスハングリー(木幡巧也騎手)
「ポジションとしてはいいなと思いましたが、最後に甘くなりました。それでもよく頑張ってくれました。力のある馬です」

3着 マルヨシャバーリー (落合玄太騎手)
「流れていて良いかなと思いましたが、3コーナーで一瞬前が詰まってしまいました。それで外を回る形になったのですが、自分のコーナリングが甘かったです。タイトに回れていれば2着はあったと思います。馬はよく頑張ってくれました」

5着 シゲルコング(荻野極騎手)
「厩舎サイドと相談していた隊列にはならなかったのですが、距離延長でもよく粘ってくれました」

【春待月賞】(阪神)~逃げたクリノフラッシュがマイペースで押し切る [News] [News]
2018/12/28(金) 15:48

阪神9Rの春待月賞(3歳以上1000万下・ダート1400m)は3番人気クリノフラッシュ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒8(良)。1馬身1/4差の2着に9番人気トップラン、さらにクビ差の3着に2番人気エングローサーが入った。

クリノフラッシュは栗東・橋田満厩舎の3歳牝馬で、父エイシンフラッシュ、母ホーネットピアス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 クリノフラッシュ(松山弘平騎手)
「スタートが良くて、内枠なので前に行きました。良い形で逃げられましたし、手応えも良く、後続をつきはなしました」

2着 トップラン(太宰啓介騎手)
「ペースが遅くてハミを噛む所もありましたが、ためれば脚を使ってくれます。阪神との相性も良いです」

3着 エングローサー(岩田康誠騎手)
「じっくりと運べました。終いには確実に脚を使ってくれます。ただ、今日は狭い所に入ってしまって...」

4着 ラブリーイレブン(川又賢治騎手)
「ブリンカーを着けて、競馬がしやすくなりました。すぐチャンスがあると思います」

松木大地騎手がJRA初勝利 [News] [News]
2018/12/28(金) 15:25

松木大地騎手(地方競馬・高知 雑賀正光厩舎所属)は、中山9Rで12番ロードゴラッソに騎乗し1着となり、JRA初勝利を挙げた。

~松木大地騎手のコメント~
「勝利は気持ちよかったです。乗る前は緊張するかと思いましたが、競馬場が大きすぎて緊張せず、よかったです。このシリーズでは、予選の金沢競馬場で2連勝するなど良い馬に乗せていただき、また、高知競馬場の師匠である雑賀正光調教師と今年結婚した妻のおかげで結果を出すことができました。今後も今回の経験を活かし、緊張せずに自信を持ってやっていきたいと思います。高知競馬場は小さい競馬場ですが、熱くて真剣で面白い競馬を行っていますので、ぜひ足を運んで応援してください」

(JRA発表による)

【2歳500万下】(阪神6R)~サトノルークスが人気に応えて連勝 [News] [News]
2018/12/28(金) 15:05

阪神6Rの2歳500万下(芝1800m)は1番人気サトノルークス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒4(良)。半馬身差の2着に4番人気オールイズウェル、さらにクビ差の3着に3番人気カントルが入った。

サトノルークスは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母リッスン(母の父Sadler’s Wells)。通算成績は3戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 サトノルークス(池江泰寿調教師)
「レースから上がってきても息が上がっていませんでした。前走のような軽い馬場が合っていそうですが、2勝目ができたのは大きいです。今後はさらにパワーアップして、今日のような馬場もこなせるようになれば良いですね。しばらくは東京や京都のような軽い馬場で走らせて、ダービーまで賞金を加算したいです」

3着 カントル(北村友一騎手)
「道中はしっかりと前に壁を作れて、上手に走れました。エンジンのかかりが遅いので、4コーナーから早めに動いて良い所をキープしたかったです。馬場が良い方が、スムーズにエンジンがかかるので良いと思います。競馬を覚えてくればさらに走ってくるでしょう」

6着 キラープレゼンス(坂井瑠星騎手)
「リズムを重視してほしいという指示で、出たなりで進めました。道中はリラックスしていて雰囲気が良かったです。しかし、勝負所でグッとくる感じがありませんでした。そのまま流れ込んだ感じです。緩い馬場も気にしていました。距離は延びても良いと思います」

【YJSFR中山第1戦】(中山)~プレシャスブルーが人気に応えて押し切る [News] [News]
2018/12/28(金) 15:03

中山7Rの2018ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山第1戦(3歳以上500万下・芝2000m)は1番人気プレシャスブルー(服部寿希騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分02秒0(良)。1馬身1/4差の2着に6番人気ルックスマート、さらに半馬身差の3着に8番人気ハナザカリが入った。

プレシャスブルーは美浦・相沢郁厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母オンワードミシェル(母の父アンバーシヤダイ)。通算成績は19戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 プレシャスブルー(服部寿希騎手)
「1番人気で手応えも違いましたし、じっくり脚をためて、3コーナーくらいから行って粘れればと思っていました。馬はすごくいい状態でしたし、仕上げてくださった厩舎の方々のおかげです」

2着 ルックスマート(渡辺竜也騎手)
「スタートして、挟まれてしまい馬が焦ってしまいましたが、何とか我慢しました。馬が行く気になった所で仕掛けるイメージで3~4コーナーで外から他馬に来られましたが我慢してその分終い伸びてくれました」

3着 ハナザカリ(西村淳也騎手)
「この馬にとってはきつい展開でしたが、よく粘ってくれました」

4着 コスモレリア(義英真騎手)
「いいポジションで運べましたが、勝ち馬が早めに来た時に反応しきれませんでした。ジリジリとした伸びになっていました」

5着 ジョブックコメン(長谷部駿弥騎手)
「もう少し前につけたかったのですが、中団後ろからの競馬になってしまいました。馬は頑張ってくれて、直線でよく伸びてくれました」

阪神4Rの競走中止について [News] [News]
2018/12/28(金) 14:41

阪神4Rで、5番クレスコビヨンド(柴田未崎騎手)は、下記疾病を発症したため、最後の直線コースで競走を中止した。

 馬:心不全
   ※死亡
騎手:異状なし

(JRAの発表による)

【メイクデビュー】(中山5R、6R)~ジュピターズライト、マイヨブランがデビュー勝ち [News] [News]
2018/12/28(金) 14:39

中山5Rのメイクデビュー中山(芝2000m)は6番人気ジュピターズライト(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分05秒0(良)。クビ差の2着に2番人気エンシュラウド、さらに1馬身3/4差の3着に1番人気ライルが入った。

ジュピターズライトは美浦・金成貴史厩舎の2歳牡馬で、父ハービンジャー、母サトノジュピター(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 ジュピターズライト(丸山元気騎手)
「気性が若く、道中ムキになって走っていましたし、返し馬も鳴きながら走っていました。それでも、終いはすごく切れました」

2着 エンシュラウド(C・ルメール騎手)
「馬がまだ緩く若いです。2000mはちょうどいいですし、能力はありそうです」

3着 ライル(O・マーフィー騎手)
「馬が子供っぽく、うまく流れに乗れませんでしたが、能力的には、このメンバーでは一番だと思います。次、どれくらい良くなるのか楽しみですし、すごくポテンシャルの高い馬です」

4着 グランヴィスタ(大野拓弥騎手)
「ゲートで驚き、後ろからになりましたが、外目をのびのび走って、しっかり差をつめています。距離はこれくらいがちょうど良いと思います」


中山6Rのメイクデビュー中山(ダート1200m)は1番人気マイヨブラン(C・ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒4(良)。1馬身3/4差の2着に13番人気サンマルベスト、さらに3/4馬身差の3着に4番人気ローマノキュウジツが入った。

マイヨブランは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牡馬で、父ヨハネスブルグ、母ユキチャン(母の父クロフネ)。

~レース後のコメント~
1着 マイヨブラン(C・ルメール騎手)
「流れに乗っていいポジションにつけて、直線はいい反応をしてくれました。新馬ですから最後に少し物見をしましたが、短い距離はピッタリですね。アーモンドアイの勝負服(シルクレーシング)で年間最多勝できたことも嬉しいです」

2着 サンマルベスト(畑端省吾騎手)
「スタートしてからふわふわする所があって子供っぽさを見せていましたが、向正面でステッキを入れるとしっかり反応して、最後は脚を使えるのでは、と思いました。4コーナーから外へ出すとふらふらしましたが、凄くいい脚を使ってくれました。ふらふらする面が改善されればもっと良くなるでしょう」

C・ルメール騎手がJRA年間最多勝記録を更新 [News] [News]
2018/12/28(金) 14:24

中山6レースで、9番マイヨブランが1着となり、C・ルメール騎手(栗東・フリー)は、JRA年間213勝目を挙げた。
この勝利で、武豊騎手が2005年に達成したJRA年間212勝の記録を抜き、JRA年間最多勝記録を更新した。

~C・ルメール騎手のコメント~
「今年は信じられないほど、最高の年でした。一生懸命勉強し、馬主、調教師、家族、ファンのおかげで生まれた新記録です。ありがとうございました。日本に来たときから、毎週頑張ってきました。周りからのサポートもありました。今年は武豊騎手のことにも触れなくてはいけません。4000勝も達成した彼はレジェンドです。私は普通です(笑)。毎週毎週応援してくれて、ありがとうございます。日本のファンが世界一です」

(JRA発表による)

全308件中 21件〜30件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 次の10件 ]