【メイクデビュー】(阪神4R、5R)~マッスルビーチ、フェアリーポルカがデビュー勝ち [News] [News]
2018/12/28(金) 14:10

阪神4Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は9番人気マッスルビーチ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒7(良)。クビ差の2着に3番人気エンダウメント、さらに1馬身差の3着に2番人気タマモアポローンが入った。

マッスルビーチは栗東・鈴木孝志厩舎の2歳牡馬で、父メイショウサムソン、母クロンヌドール(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 マッスルビーチ(松山弘平騎手)
「枠は大外でしたが、いい形で好位から流れに乗ってレースを運べました。ポジションを取ってからは、折り合って、追ってからの反応も良かったです。強い内容でした」

3着 タマモアポローン(北村友一騎手)
「ハナに立っている馬はモノ見をしていたようでしたが、この馬もハナに立とうとすると、頭が高くなって躊躇するような所がありました。理想はやっぱり、前の馬がしっかりレースを作っている所をついていけるような形が理想ではあると思います。でも今回、しっかり力は見せてくれました」

4着 スマートフルーレ(和田竜二騎手)
「ハナに立つとモノ見をする所がありました。押し出されるような形でハナに立ちました。(他の馬が)来たら、反応しました。能力はあります。(レースに)慣れてきたらチャンスがありそうです」


阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝2000m)は7番人気フェアリーポルカ(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒5(良)。2馬身半差の2着に6番人気ミラーミラー、さらに2馬身差の3着に3番人気ゴットフルールが入った。

フェアリーポルカは栗東・西村真幸厩舎の2歳牝馬で、父ルーラーシップ、母フェアリーダンス(母の父アグネスタキオン)。

~レース後のコメント~
1着 フェアリーポルカ(松若風馬騎手)
「全体的にまだ力のないところがありますが、実戦では4コーナーでいい手応えでした。レースもうまかったです。直線、狭い所がありましたが、脚があったので抜け出せました。これからの馬です」

2着 ミラーミラー(藤岡佑介騎手)
「前半リズムに乗るのに時間がかかりましたが、乗ってからはしっかり追走して、直線もしっかり伸びてくれました。いい内容のレースでした」

3着 ゴットフルール(四位洋文騎手)
「いい位置からレースができましたが、出入りの激しいレースになりましたからね。4コーナーも少しモタモタする所がありましたが、最後もしっかり脚を使っていますし、初戦としてはいい内容でした」

4着 ラバーズケープ(北村友一騎手)
「少し緩さを残しています。道中はスローペースでしたが、うながしながらのレースでした。そんな中でもしっかり頑張っています。芯が入ればもっと走ってきそうです」

中山2Rの競走中止について [News] [News]
2018/12/28(金) 14:04

中山2Rで、7番セイカハルカゼ(田中勝春騎手)は、下記疾病を発症したため、3コーナーで競走を中止した。

 馬:右前肢跛行
騎手:異状なし

(JRAの発表による)

【ヤングJSファイナルラウンド大井】~桜井光輔騎手(川崎)がトップ [News] [News]
2018/12/27(木) 20:30

27日(木)、大井競馬場で「ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド大井」の2戦が行われ、1戦目を制し、2戦目でも2着と好走した桜井光輔騎手(川崎)が50ポイントでトップに立った。

1戦目で6着、2戦目では勝利を挙げた荻野極騎手(JRA栗東)が38ポイントで2位、2戦いずれも3着に入った長谷部駿弥騎手(兵庫)が30ポイントで3位に入った。

(JRA発表のリリースによる)

【馬場情報】阪神競馬場 [News] [News]
2018/12/27(木) 16:42

12月27日(木)正午現在の阪神競馬場の馬場情報は以下の通り。

天候:晴
馬場状態:(芝)良/(ダート)やや重

(芝の状態)
向正面直線および正面直線に傷みがある。

(芝の草丈)
・芝コース
野芝約8~10cm、洋芝約10~14cm

(使用コース)
Bコース(Aコースから直線部3m、曲線部4m外側に内柵を設置)

(馬場含水率)※27日午前10時現在
・芝コース
ゴール前 9.8% 4コーナー 8.0%
・ダートコース
ゴール前 9.2% 4コーナー 9.3%

(12月21日~12月27日の中間の降水量)
21日(金)1.5mm、22日(土)2.0mmの雨量を観測。

(中間の作業内容)
・芝コース
24日(月)芝刈りを実施。
・ダートコース
25日(火)~27日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。


(JRA発表)

【馬場情報】中山競馬場 [News] [News]
2018/12/27(木) 16:37

12月27日(木)正午現在の中山競馬場の馬場情報は以下の通り。

天候:晴
馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
3コーナーから4コーナーおよび正面にかけて、コース内側に傷みがある。

(芝の草丈)
・芝コース
野芝約6~8cm、洋芝約10~14cm

(使用コース)
Aコース(内柵を最内に設置)

(馬場含水率)※27日午前9時現在
・芝コース
ゴール前 9.4% 4コーナー 9.5%
・ダートコース
ゴール前 3.1% 4コーナー 3.0%

(12月21日~12月27日の中間の降水量)
22日(土)0.5mm、23日(日)に1.0mmの雨量を観測。

(中間の作業内容)
・芝コース
25日(火)芝の生育管理のため散水を実施。
・ダートコース
25日(火)コース全面に凍結防止剤を散布。
25日(火)~27日(木)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)。


(JRA発表)

アンドリエッテ引退、繁殖へ [News] [News]
2018/12/27(木) 15:07

2018年のマーメイドステークス(GIII)を優勝したアンドリエッテ(牝6、栗東・牧田和弥厩舎)は27日付で競走馬登録を抹消した。今後は北海道沙流郡日高町の森永牧場で繁殖馬となる予定。通算成績は29戦4勝、重賞1勝。

(JRA発表)

【ホープフルS】(中山)~出走13頭、調教後の馬体重 [News] [News]
2018/12/26(水) 17:29

28日(金)に中山競馬場で行われる第35回ホープフルステークス(GI)に出走する13頭の調教後の馬体重は以下の通り。

<馬名・馬体重・計量日・計量場所・(参考)前走馬体重>
ニシノデイジー    490  25日(火) 美浦  486
ブレイキングドーン  500  26日(水) 栗東  488
キングリスティア   504  25日(火) 栗東  502 
ヒルノダカール    524  25日(火) 栗東  512
サートゥルナーリア  504  26日(水) 栗東  488
ハクサンタイヨウ   488  25日(火) 美浦  474
ミッキーブラック   478  25日(火) 栗東  472   
アドマイヤジャスタ  512  25日(火) 栗東  500
ジャストアジゴロ   454  26日(水) 美浦  446
マードレヴォイス   464  26日(水) 美浦  460
ヴァンドギャルド   468  26日(水) 栗東  460
タニノドラマ     420  25日(火) 栗東  424
コスモカレンドゥラ  447  26日(水) 美浦  442

※馬体重の数値は「kg」
※開催場以外で計量した競走馬については、計量後に開催場へ「輸送」している。
※馬体重は、「調教」・「輸送」・「飼付」・「排糞」等により、常に大きく変動する。
※上記馬体重は、あくまでも計量時のデータであり、競走当日の馬体重とは異なる。
※競走当日に発表する馬体重は、発走時刻の概ね70分前に計量している。
※前走が海外の競馬であっても馬体重を計量している場合には、「前走馬体重」を表記している。

(JRA発表)


ネオリアリズム引退、豪で種牡馬へ [News] [News]
2018/12/26(水) 16:45

 2017年のクイーンエリザベス2世カップ(G1)などに優勝したネオリアリズム(牡7歳 美浦・堀宣行厩舎)は、今日26日付で競走馬登録を抹消した。今後は、オーストラリアで種牡馬となる予定。

<ネオリアリズム>
●生年月日:2011年3月22日
●血統:父ネオユニヴァース 母トキオリアリティー
●JRA通算成績 18戦7勝
●JRA重賞勝鞍 2勝
2016年 札幌記念(GII)
2017年 中山記念(GII)

●JRA以外の通算成績 4戦1勝
2017年 クイーンエリザベス2世カップ(G1)

(JRA発表)

【ホープフルS】枠順確定~ニシノデイジー1枠1番、サートゥルナーリア4枠5番 [News] [News]
2018/12/26(水) 15:24

28日(金)に中山競馬場で行われる第35回ホープフルステークス(GI・芝2000m)の枠順は以下のように決定した。重賞連勝中のニシノデイジーは1枠1番、デビューから2連勝のサートゥルナーリアは4枠5番となった。発走は、28日(金)15時30分の予定。

1枠 1番 ニシノデイジー   55 勝浦正樹
2枠 2番 ブレイキングドーン 55 福永祐一
3枠 3番 キングリスティア  55 内田博幸
4枠 4番 ヒルノダカール   55 松田大作
4枠 5番 サートゥルナーリア 55 M.デムーロ
5枠 6番 ハクサンタイヨウ  55 松岡正海
5枠 7番 ミッキーブラック  55 O.マーフィー
6枠 8番 アドマイヤジャスタ 55 C.ルメール
6枠 9番 ジャストアジゴロ  55 田辺裕信
7枠10番 マードレヴォイス  55 三浦皇成
7枠11番 ヴァンドギャルド  55 C.デムーロ
8枠12番 タニノドラマ    55 池添謙一
8枠13番 コスモカレンドゥラ 55 戸崎圭太

(JRA発表)

サトノダイヤモンド引退、種牡馬へ [News] [News]
2018/12/26(水) 13:50

 2016年の有馬記念(GI)などに優勝したサトノダイヤモンド(牡5歳 栗東・池江泰寿厩舎)は、今日26日付で競走馬登録を抹消した。今後は、北海道勇払郡安平町の社台スタリオンステーションで種牡馬となる予定。

<サトノダイヤモンド>
●生年月日:2013年1月30日
●血統:父ディープインパクト 母マルペンサ
●JRA通算成績 16戦8勝
●JRA重賞勝鞍 6勝
2016年 きさらぎ賞(GIII)、神戸新聞杯(GII)、菊花賞(GI)、有馬記念(GI)
2017年 阪神大賞典(GII)
2018年 京都大賞典(GII)
●JRA以外の通算成績(海外) 2戦0勝
      
(JRA発表)

全308件中 31件〜40件目を表示 [ 前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 次の10件 ]