2019年サマーシリーズ ポイントランキング [News] [News]
2019/07/14(日) 18:50

●2019年サマー2000シリーズのポイントランキングは以下の通り。

【第2戦函館記念終了時点】

1位 マイスタイル    10ポイント
1位 ミッキースワロー  10ポイント
3位 クレッシェンドラヴ 5ポイント
3位 マイネルファンロン 5ポイント
5位 ステイフーリッシュ 4ポイント
5位 ロードヴァンドール 4ポイント


●2019年サマージョッキーズシリーズのポイントランキングは以下の通り。

【第4戦函館記念終了時点】

1位 福永祐一 12ポイント
2位 江田照男 10ポイント
2位 菊沢一樹 10ポイント
2位 田中勝春 10ポイント
5位 内田博幸 5ポイント
5位 川田将雅 5ポイント
5位 小崎綾也 5ポイント
5位 丹内祐次 5ポイント
5位 幸英明  5ポイント

函館記念表彰式プレゼンター柳楽優弥さんのコメント [News] [News]
2019/07/14(日) 18:47

本日、函館記念の表彰式でプレゼンターを務めた、2019年JRA年間プロモーションキャラクターの柳楽優弥さんのコメントは以下の通り。

「函館競馬場に来るのは初めてでしたが、海も見え景色も最高で、本当に今まで伺った競馬場の中でも1、2を争うくらい綺麗でびっくりしました。馬券は、スペホリ!で黒のTシャツをデザインさせていただいた事と、ラッキーナンバーの『3』にちなんでブラックバゴで勝負しました。結果は外れてしまいましたが函館競馬場は競走馬との距離がとても近くて興奮しました!次こそは絶対に的中させたいと思います!また、本日実施のスペシャルイベント『スペホリ!』もすごい行列で大盛況でした。次回は8月4日の小倉記念の当日、小倉競馬場で実施されるので皆さん是非競馬場にお越しください!」

(JRAの発表による)

名鉄杯プレゼンター、川上憲伸さんのコメント [News] [News]
2019/07/14(日) 18:30

野球解説者で元中日ドラゴンズの川上憲伸さんが、名鉄杯のプレゼンターを務めた。コメントは以下の通り。

「ドラゴンズへの入団2年目以来の中京競馬場ですが、その時は番組の罰ゲームでコースを走らされた苦しい思い出として残っています。今日はトークショーで野球や競馬の話もつきませんでしたし、表彰式でのプレゼンターや生での競馬観戦など大変貴重な体験もさせていただき、楽しく1日過ごさせて頂きました。競馬も野球も生で体験するのは楽しいですね」

(JRA発表による)

スマハマが3歳以上ダート1800mのJRAレコードタイムを更新 [News] [News]
2019/07/14(日) 18:24

中京11レースで、1番スマハマ(藤岡佑介騎手)は1分47秒6のタイムで勝利し、3歳以上ダート1800mの中央競馬レコードタイムを更新した。

従来のレコードタイムは、2009年4月26日のアンタレスステークス(GIII)でウォータクティクスが記録した1分47秒8だった。

(JRA発表)

【渡島特別】(函館12R)~リワードアンヴァルが前走に続いて圧勝 [News] [News]
2019/07/14(日) 18:20

函館12Rの渡島特別(3歳以上2勝クラス・ダート1700m)は1番人気リワードアンヴァル(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒5(稍重)。7馬身差の2着に7番人気レンブランサ、さらにアタマ差の3着に12番人気フォルツァエフが入った。

リワードアンヴァルは美浦・藤原辰雄厩舎の3歳牡馬で、父スマートファルコン、母リワードエンプレス(母の父オペラハウス)。通算成績は10戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 リワードアンヴァル(武豊騎手)
「スタートに気をつけていました。無理やりという感じで行った馬がいたので2番手になりましたが、スムーズに運んで、ここでは力が違いました」

2着 レンブランサ(勝浦正樹騎手)
「ペースが速かったです。一番後ろでしたが、これなら上がっていけると思いました。脚もある馬ですから。昇級初戦で牡馬相手によく走ってくれました」

3着 フォルツァエフ(荻野極騎手)
「今日は他の馬が速く番手での競馬になりましたが、リズム重視で行きました。このような競馬ができて収穫がありました」

【シンガポールターフクラブ賞】(中京12R)~エスポワールが4馬身差の圧勝 [News] [News]
2019/07/14(日) 18:03

中京12Rのシンガポールターフクラブ賞(3歳以上2勝クラス・芝2000m)は1番人気エスポワール(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒8(重)。4馬身差の2着に2番人気コーカス、さらに1馬身1/4差の3着に9番人気スズカフューラーが入った。

エスポワールは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牝馬で、父オルフェーヴル、母スカーレット(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は5戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 エスポワール(M.デムーロ騎手)
「力のある馬です。いい位置で競馬ができましたし、こういう馬場もうまいです」

4着 プロキシマ(松山弘平騎手)
「道中はいい感じでしたが、4コーナーで狭くなってしまいました。そこがスムーズだったら良かったのですが......。この馬場もこなしてくれましたし、このクラスでも通用すると思います。力をつけています」

5着 モザイク(鮫島克駿騎手)
「この馬場を考えるとずっと流れていましたし、タフな競馬でした。それでもいい脚で追い込んできました。このクラスでもやれそうに思います」

【函館記念】(函館11R)~マイスタイルが二枚腰を発揮して重賞初V [News] [News]
2019/07/14(日) 17:41

函館11Rの函館記念(3歳以上GIII・芝2000m)は1番人気マイスタイル(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒6(良)。クビ差の2着に9番人気マイネルファンロン、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気ステイフーリッシュが入った。

マイスタイルは栗東・昆貢厩舎の5歳牡馬で、父ハーツクライ、母ファーストナイナー(母の父フォーティナイナー)。通算成績は21戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 マイスタイル(田中勝春騎手)
「一度使って落ち着いていて、パドックの周回もいい雰囲気でした。絡む馬がいなければハナへと思っていました。ハナに行くとこのくらいのペースになる馬ですからね。去年初めて騎乗依頼を頂いた時から思い入れの強い馬でしたし、結果を出せて嬉しいです。先生やオーナーに感謝したいです」

2着 マイネルファンロン(丹内祐次騎手)
「馬は良くなっていましたし抜群の手応えでしたが、相手が一枚上でした。悔しいです」

3着 ステイフーリッシュ(中谷雄太騎手)
「返し馬からいい雰囲気で、4コーナーを回ってくる時には交わせるかなという感じでした。最終的には斤量の分でしょうか。それほど切れるというタイプではないので余計に堪えた印象です」

4着 ドレッドノータス(菱田裕二騎手)
「厩舎の方が中間ゲート練習をしてくださって、駐立もうまくいきました。一番取りたいポジションが取れましたし、少し4コーナーで離されましたが、やりたいレースができました」

5着 アメリカズカップ(北村友一騎手)
「スタート後、少し噛んでしまいました。それでも馬場のいいところを通って力は出してくれました」

13着 エアスピネル(福永祐一騎手)
「返し馬から後ろが入ってこない感じで、手先で走っている感じでした。イメージ通り乗れましたが、踏ん張れませんでした」

【バーデンバーデンC】(福島11R)~カラクレナイがアタマ差凌いで久々の勝利 [News] [News]
2019/07/14(日) 17:31

福島11Rのバーデンバーデンカップ(3歳以上オープン・芝1200m)は5番人気カラクレナイ(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒3(重)。アタマ差の2着に1番人気アンヴァル、さらにクビ差の3着に3番人気メイソンジュニアが入った。

カラクレナイは栗東・松下武士厩舎の5歳牝馬で、父ローエングリン、母バーニングレッド(母の父アグネスタキオン)。通算成績は21戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 カラクレナイ(大野拓弥騎手)
「コーナーで馬の後ろに入れられたのが良かったです。先頭に立ってからふわっとしましたが押し切ってくれました」

2着 アンヴァル(松岡正海騎手)
「3~4コーナーにかけてノメっていました。最後の脚を考えるとノメっていなければ勝っていたと思うのですが......」

4着 フロンティア(三浦皇成騎手)
「久しぶりのレースでしたが、仕上がっていたと思います。3~4コーナーで置かれましたが、手前を替えてまた伸びていましたし、力のあるところを見せてくれました」

5着 レジーナフォルテ(内田博幸騎手)
「スタートからしばらくして落鉄しました。いつも引っ張りきりの手応えなのですが、今日は手応えがありませんでした。よく頑張っています」

【名鉄杯】(中京11R)~スマハマがJRAレコードで勝利 [News] [News]
2019/07/14(日) 17:17

中京11Rの名鉄杯(3歳以上オープン・リステッド・ダート1800m)は1番人気スマハマ(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒6(重)。3/4馬身差の2着に2番人気ジョーダンキング、さらに3馬身半差の3着に9番人気ローズプリンスダムが入った。

スマハマは栗東・高橋亮厩舎の4歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母サウンドザビーチ(母の父アフリート)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 スマハマ(藤岡佑介騎手)
「完勝ですね。内枠を引いていましたし前が止まらない馬場ですから、ハナに行けたら行こうと思っていました。道中も楽に行けましたし、まくってきた馬に対応できました。休み明けでも一生懸命走る馬。能力はありますし、順調にいけばいいですね」

2着 ジョーダンキング(川田将雅騎手)
「自分のレースを組み立てて、想像以上の内容でした。強い相手に差し返そうという所を見せてくれましたし、力があります」

4着 アンデスクイーン(松山弘平騎手)
「前が止まらない特殊な馬場だったので、意識していいポジションを取りにいきました。最後までよく踏ん張ってくれています」

5着 マイネルクラース(国分優作騎手)
「脚抜きが良すぎて滑らせている感じで、噛み合わなかったですね。一生懸命走っていてくれて、いい馬に乗せてもらっているだけに申し訳なく思います」

【北海ハンデキャップ】(函館10R)~ポンデザールが外から差しきって3連勝 [News] [News]
2019/07/14(日) 17:03

函館10Rの北海ハンデキャップ(3歳以上2勝クラス・芝2600m)は3番人気ポンデザール(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分41秒7(良)。半馬身差の2着に6番人気ドリームスピリット、さらに1馬身半差の3着に1番人気ラクローチェが入った。

ポンデザールは美浦・堀宣行厩舎の4歳牝馬で、父ハーツクライ、母ジョコンダ2(母の父Rossini)。通算成績は6戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ポンデザール(藤岡康太騎手)
「コントロールしやすい馬でリズム良く運べました。先に仕掛けた馬についていく形で、長くいい脚を使ってくれました」

2着 ドリームスピリット(武藤雅騎手)
「3~4コーナーもいい感じで上がっていけましたが、そこから内に詰まってしまって......。そこがスムーズならもっといい勝負になったと思います」

5着 シャイニーゲール(菱田裕二騎手)
「先行馬が揃って、この馬の持ち味を出すには難しい形でした。それでもしぶとく脚を使ってくれています」

全262件中 141件〜150件目を表示 [ 前の10件 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 次の10件 ]