【凱旋門賞】(フランス)~日本馬の近況(30日) [News] [News]
2019/09/30(月) 21:29

10月6日(日)にフランス・パリロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞(G1)に出走予定のフィエールマン(牡4、美浦・手塚貴久厩舎)およびブラストワンピース(牡4、美浦・大竹正博厩舎)の30日の調教状況と関係者のコメントは以下の通り。

【現地時間9月30日の調教状況】
●フィエールマン
ニューマーケット調教場で曳き運動50分

<名畑俊調教助手のコメント>
「こちらに来た当初は状況の変化に面食らっていましたが、今は慣れて落ち着き、飼い食いもまずまずです。昨日は併せ馬をしたので、今日は曳き運動にとどめ、明日からのメニューはこちらに来る調教師と相談して決めます」

●ブラストワンピース
・ニューマーケット調教場で乗り運動(岩藤和裕調教助手騎乗)
・バリーヒル(坂路コース)でハッキング(ノーザンファームの柴田洋行氏が騎乗)

<岩藤和裕調教助手のコメント>
「昨日併せ馬をしているので、今日は軽い運動にしました。徐々に気合も乗ってきています。調教師が来たら明日からの調教内容を決めます」

(JRA発表)

原良馬さん追悼展示を来月から実施 [News] [News]
2019/09/30(月) 15:26

今年7月24日に逝去された競馬解説者の原良馬さんを偲び、下記のとおり追悼展示を実施することになった。
 
原良馬さんは、スポーツ新聞競馬担当記者を経て、フリーの競馬解説者として活躍され、競馬中継での解説はもとより、各地のウインズでのトークイベント出演など、競馬ファンとの直接的なふれあいを通じて中央競馬の発展に貢献された。その50年近い活動実績が、永年にわたり馬事文化の発展および振興に特に顕著な功績があったと認められ、今年1月には、2018年度JRA賞馬事文化賞功労賞を受賞されている。

<実施期間・場所>
・10月5日(土)~27日(日)[第4回東京競馬 第1日~第9日]
東京競馬場フジビュースタンド3階ウエストホール横 展示スペース

・11月2日(土)~24日(日)[第5回東京競馬 第1日~第8日]
ウインズ後楽園 水道橋口付近

<主な展示内容>
・パネル展示(縁のある著名人からのメッセージ等)
・「ウインズニュース」の記念すべき第1号
・JRA賞トロフィー
・直筆の原稿
・往年の写真

※ウインズ後楽園では、このほかにもテレビ出演時のVTR放映や追悼リーフレットの配布などを予定している。

(JRA発表)

【秋華賞】(登録馬)~ダノンファンタジーなど19頭 [News] [News]
2019/09/29(日) 18:37

10月13日に京都競馬場で行われる第24回秋華賞(3歳GI・牝馬・芝2000m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:19頭】(フルゲート:18頭)

カレンブーケドール
ダノンファンタジー
パッシングスルー
ビーチサンバ
フェアリーポルカ

クロノジェネシス
シゲルピンクダイヤ
コントラチェック
メイショウショウブ
レッドアネモス

シェーングランツ
エスポワール
サトノダムゼル
ブランノワール
シャドウディーヴァ

以下、抽選対象馬(3/4)
コパカティ
シングフォーユー
トゥーフラッシー
ローズテソーロ

【京都大賞典】(登録馬)~グローリーヴェイズ、エタリオウなど17頭 [News] [News]
2019/09/29(日) 18:28

10月6日(日)に京都競馬場で行われる第54回京都大賞典(3歳以上GII・芝2400m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:17頭】(フルゲート:18頭)

グローリーヴェイズ
アルバート
エタリオウ
リッジマン
ダンビュライト

エアウィンザー
クリンチャー
アドマイヤジャスタ
ウインテンダネス
ウラヌスチャーム

メートルダール
ドレッドノータス
シルヴァンシャー
レノヴァール
パリンジェネシス

ノーブルマーズ
チェスナットコート

【毎日王冠】(登録馬)~インディチャンプ、ハッピーグリンなど10頭 [News] [News]
2019/09/29(日) 18:22

10月6日(日)に東京競馬場で行われる第70回毎日王冠(3歳以上GII・芝1800m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:10頭】(フルゲート:18頭)
インディチャンプ
アエロリット
ペルシアンナイト
ダノンキングリー
モズアスコット

ケイアイノーテック
ギベオン
マイネルファンロン
ランフォザローゼス

<地方馬>
ハッピーグリン

【サウジアラビアRC】(登録馬)~イロゴトシ、アブソルティスモなど9頭 [News] [News]
2019/09/29(日) 18:06

10月5日(土)に東京競馬場で行われる第5回サウジアラビアロイヤルカップ(2歳GIII・芝1600m)の登録馬は以下の通り。

【登録頭数:9頭】(フルゲート:18頭)
イロゴトシ
アブソルティスモ
エンジェルサークル
カップッチョ
クラヴァシュドール

サリオス
ジェラペッシュ
シコウ
ロードエクスプレス

【南部杯】~JRA所属の出走予定馬および補欠馬について [News] [News]
2019/09/29(日) 17:54

10月14日(祝・月)に盛岡競馬場で行われる第32回マイルチャンピオンシップ南部杯(3歳以上JpnI・ダート1600m)に出走予定のJRA所属馬は以下の通り。

出走予定馬(予定騎手名)
アルクトス   (田辺裕信)
オールブラッシュ(未定)
ゴールドドリーム(C.ルメール)
サンライズノヴァ(吉原寛人〔金沢〕)
ノボバカラ   (未定)
ミツバ     (和田竜二)
ロンドンタウン (未定)

補欠馬(予定騎手名)
モーニン     (坂井瑠星)
タイムフライヤー (未定)
デュープロセス  (未定)
ヴェンジェンス  (未定)
アイファーイチオー(未定)

【鋸山特別】(中山)~伏兵フクサンローズがクビ差しのぐ [News] [News]
2019/09/29(日) 17:52

中山12Rの鋸山特別(3歳以上2勝クラス・ダート1800m)は11番人気フクサンローズ(野中悠太郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒4(良)。クビ差の2着に1番人気グッバイガール、さらに5馬身差の3着には15番人気パイロキネシストが入った。

フクサンローズは美浦・小西一男厩舎の5歳牝馬で、父アグネスデジタル、母エレガントフラッグ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は15戦4勝。

~レース後のコメント~

1着 フクサンローズ(野中悠太郎騎手)
「今日はゲートを出てくれて、良いスタートが切れたぶん、絶好の位置で競馬ができました。馬が立て直された効果もありました」

3着 パイロキネシスト(松岡正海騎手)
「今日は返し馬が良い頃のものでした。思い切って行って、良いペースは作れたのですが......」

【スプリンターズS】(中山)~タワーオブロンドンがGI初制覇 [News] [News]
2019/09/29(日) 17:13

中山11Rの第53回スプリンターズステークス(3歳以上GI・芝1200m)は2番人気タワーオブロンドン(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒1(良)。半馬身差の2着に3番人気モズスーパーフレア、さらにクビ差の3着には1番人気ダノンスマッシュが入った。

タワーオブロンドンは美浦・藤沢和雄厩舎の4歳牡馬で、父Raven’s Pass、母スノーパイン(母の父Dalakhani)。通算成績は14戦7勝。

~レース後のコメント~

1着 タワーオブロンドン(C.ルメール騎手)
「直線はずっと伸びていて、ゴールまで頑張ってくれました。前走は強かったのですが、今日は中山で時計が速かったので、後ろのポジションでは心配でした。それでも能力で勝つことができました。ダノンスマッシュをマークして行きたかったのですが、内へ入っていきましたし、この馬にはそのポジションは合いませんから、大外へ行ってスムーズに走ることができました。最初から良い馬でしたし、スプリント路線で強くなってくれて、とても気持ちが良いです。またGIを勝てると思いますから、ぜひ応援してください」

2着 モズスーパーフレア(松若風馬騎手)
「前走より仕上がっていて、返し馬の雰囲気も良かったです。レースではスタートが決まり、自分の形に持ち込めて、最後も頑張ってくれましたが、勝ち馬の決め手が上でした。思い描いていたレースができて悔いはないです」

3着 ダノンスマッシュ(川田将雅騎手)
「馬の雰囲気は抜群でした。負けはしましたが、これを経験として、来年こそは勝てるように頑張ります」

4着 ミスターメロディ(福永祐一騎手)
「コンディションは仕上がっていて、返し馬の雰囲気も良かったです。あとは手前をどう替えさせるかというところだけが課題で、替えやすいようにポジションなど気をつけましたが、うまく替えられませんでした。そのぶん、最後のひと伸びがききませんでした。このあたりは右回りと左回りの差かなと思います。それでも得意でない右回りで、勝ち負けというところまで頑張っていますし、ここまで仕上げてくださった陣営にも感謝します」

8着 ノーワン(内田博幸騎手)
「ごちゃごちゃしたくないと思っていて、勝ち馬の後ろでリズム良く、自分のペースで行けました。最後も頑張っていますが、さすがGIといった感じでした。今日の経験は次につながってくると思います」

9着 リナーテ(三浦皇成騎手)
「出して行きましたが、ペースが速く、後方からになりました。ただ、あのポジションは想定内で、その後もこの馬のコースは作れましたが、最後は急坂が堪えて、今日の馬場も影響しました」

10着 アレスバローズ(菱田裕二騎手)
「スタートは五分でしたが、いつものような行きっぷりがありませんでした。いつもはテンから行ける馬なのですが......」

【ポートアイランドS】(阪神)~内で粘ったロードマイウェイが4連勝 [News] [News]
2019/09/29(日) 16:55

阪神11Rのポートアイランドステークス(3歳以上オープン・リステッド・芝1600m)は1番人気ロードマイウェイ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒7(良)。アタマ差の2着に2番人気サトノアーサー、さらに3/4馬身差の3着には3番人気アマルフィコーストが入った。

ロードマイウェイは栗東・杉山晴紀厩舎の3歳牡馬で、父ジャスタウェイ、母フェリス(母の父ジャングルポケット)。通算成績は9戦5勝。

~レース後のコメント~

1着 ロードマイウェイ(吉田隼人騎手)
「枠順が良かったですし、行きたい馬もいたので、行かせてあの位置になりました。前半が流れたのでどうかと思っていました。早めに先頭に立たされる形になって、最後は頭を上げて苦しくなりましたが、よく頑張ってくれました。(4連勝で)勢いづいていますし、良いときに乗せてもらいました」

2着 サトノアーサー(松山弘平騎手)
「すごく良い馬です。パワーがあります。一年ぶりで負けてしまいましたが、強い競馬をしています。前半は力んで、コーナーで外に振られる面はありました」

3着 アマルフィコースト(坂井瑠星騎手)
「イメージ通りでしたし、直線でも手応えの割に、交わされてからもうひと脚使ってくれました。もう少しでした」

4着 シャイニービーム(藤井勘一郎騎手)
「しぶとく盛り返してくれました。ポジション的には前で競馬をしたかったのですが、あの位置になりました。最後は内を突く形になりました。強いメンバーの中、ダートから芝に行って、しっかり走ってくれました」

全265件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の10件 ]