【東京大賞典】(大井)〜オメガパフュームが連覇達成 [News] [News]
2019/12/29(日) 17:25

大井競馬場(天候:晴 馬場:やや重)で行われたダートグレード競走の第65回東京大賞典(GI)は、2番人気だったオメガパフューム(JRA)が追い比べを制して優勝。2014年のホッコータルマエ以来、レース史上4頭目の連覇を達成した。勝利騎手はM.デムーロで、勝ちタイムは2分4秒9。1馬身差の2着に5番人気で地元大井のノンコノユメが入り、さらに2馬身差の3着に地元大井のモジアナフレイバーが続いた。1番人気だったゴールドドリーム(JRA)は4着、3番人気のケイティブレイブ(JRA)は8着に敗れた。

勝ったオメガパフュームは父スウェプトオーヴァーボード、母オメガフレグランス(母の父ゴールドアリュール)の牡4歳芦毛馬。JRA栗東・安田翔伍厩舎の管理馬。通算成績は15戦7勝(うち地方5戦3勝)。今年は帝王賞(JpnI)に続いての勝利で、東京大賞典は連覇となった。


〜レース後の関係者のコメント〜

1着 オメガパフューム 安田翔伍調教師
「この素晴らしい舞台、メンバーで連覇することができ、オメガパフュームには感謝の気持ちでいっぱいです。前走は馬の状態は素晴らしかったのですが、瞬発力勝負になり負けてしまい、それから馬自身の気持ちもだらーっとしてしまいました。この中間は馬の気持ちを変えようと一週前追い切りでは思い切って馬を怒らせ、当該週にガス抜きをさせる調教を行いました。当日の気配は、この馬自身が大井競馬場を理解していて、集中力が高まっていました。レースについては一番この馬のことを分かっているデムーロ騎手に全て任せていました。今日は思っていたよりスタートを決めてくれて、いつもより前目のポジションが取れ、ゴールまで脚を使ってくれました。右回り、左回りはそれほど意識していませんが、やはり距離は2000メートルあったほうがいいですね。その辺りを踏まえながら次走についてはオーナーと相談します」

2着 ノンコノユメ 真島大輔騎手
「このクラスでも十分にやれることが分かりました。まだまだ馬が若いです。負けたことは悔しいですが、今日は勝った馬を讃えるしかありませんね。自分のレースをして最後までしっかり伸びていますから、大したものです」

3着 モジアナフレイバー 繁田健一騎手
「前が流れていい感じに走れましたが、最後は止まってしまいました。今日は今までで一番ゲートも良くて、3〜4コーナーでは一瞬差せるかと思いました。負けはしましたがレースをするごとに差を詰めているので、来年どう成長していくか楽しみです」

4着 ゴールドドリーム C.ルメール騎手
「外枠から3番手を進み、道中はいい感じでしたが直線のラスト200メートルあたりで疲れてしまいました。道中は息が入ってリラックスもしていたのですが、伸びることができませんでした」

7着 バルダッサーレ 笹川翼騎手
「折り合いはギリギリという感じで、2000メートルは少し長かったです。今回上位に来たノンコノユメ、モジアナフレイバーは強いですが、その他の地方馬同士でしたら、十分戦えると思います」


(取材:小屋敷彰吾)

【2020年1月の実況担当】新年最初の第一声は小屋敷アナがフレッシュに。米田アナは久しぶりに中山で実況! [実況アナ!] [実況アナ!]
2019/12/29(日) 11:00

<2020年 1月の実況担当予定>

1月5日(日)
中山金杯 京都金杯
[中山] 1R~6R 小屋敷彰吾 / 7R~12R 小林雅巳
[京都] 1R~6R 米田元気 / 7R~12R 檜川彰人

1月6日(月)
ジュニアC カーバンクルS 万葉S
[中山] 1R~6R 小屋敷彰吾 / 7R~12R 小塚歩
[京都] 1R~6R 山本直也 / 7R~12R 米田元気

1月11日(土)
淀短距離S 中山新春ジャンプS
[中山] 1R~6R 山本直也 / 7R~12R 大関隼
[京都] 1R~6R 中野雷太 / 7R~12R 山本直

1月12日(日)
シンザン記念 ポルックスS
[中山] 1R~6R 大関隼 / 7R~12R 米田元気
[京都] 1R~6R 檜川彰人 / 7R~12R 中野雷太

1月13日(祝・月)
フェアリーS すばるS
[中山] 1R~6R 小屋敷彰吾 / 7R~12R 大関隼
[京都] 1R~6R 山本直 / 7R~12R 檜川彰人

1月18日(土)
愛知杯 ニューイヤーS 紅梅S
[中山] 1R~6R 米田元気 / 7R~12R 山本直也
[京都] 1R~6R 小塚歩 / 7R~12R 檜川彰人
[小倉] 1R~6R 小林雅巳 / 7R~12R 山本直

1月19日(日)
京成杯 日経新春杯 ジャニュアリーS
[中山] 1R~6R 佐藤泉 / 7R~12R 米田元気
[京都] 1R~6R 小屋敷彰吾 / 7R~12R 小塚歩
[小倉] 1R~6R 山本直 / 7R~12R 小林雅巳

1月25日(土)
[中山] 1R~6R 山本直也 / 7R~12R 中野雷太
[京都] 1R~6R 大関隼 / 7R~12R 山本直
[小倉] 1R~6R 檜川彰人 / 7R~12R 小塚歩

1月26日(日)
アメリカジョッキークラブカップ 東海ステークス 若駒S
[中山] 1R~6R 小屋敷彰吾 / 7R~12R 山本直也
[京都] 1R~6R 佐藤泉/ 7R~12R 大関隼
[小倉] 1R~6R 小塚歩 / 7R~12R 檜川彰人

※変更になる場合があります。

2019年度の売上に関するコメント [News] [News]
2019/12/28(土) 19:36

2019年度の売上について、JRAお客様担当理事・福田正二のコメントは以下の通り

「本年をもって2019年度の中央競馬は全日程を終了いたしました。本年のJRAの売上(売得金)は、2兆8817億1700円で、前年比103.1%と、8年連続で前年を超える成績となりました。
鍛え上げられた競走馬と騎手が織り成す白熱のレースと共に、各種プロモーション・イベントの実施や、払戻金への上乗せ(JRAプレミアム・JRAプラス10)、本年は9月16日(祝・月)JRAアニバーサリー当日と12月28日(土)の2回実施したJRAスーパープレミアム等、多くのお客様に競馬へ関心を持っていただき、参加していただける機会の創出に努めて参りました。また、7カ国21レースを発売した海外競馬では、インターネット投票、UMACA投票を通じて、多くのお客様にご参加いただき、中央競馬と同様に前年を超える成績となりました。本年、中央競馬並びに海外競馬にご参加いただいたお客様に厚く御礼申し上げます。
2020年度の中央競馬は、1月5日(日)の中山金杯(GIII)と京都金杯(GIII)でスタートします。本年同様、両レースを対象に馬連の払戻金に売上げの5%相当額を上乗せする『金杯馬連』を実施するほか、『3歳重賞馬連』や『2歳単勝』など、年間を通じて払戻金上乗せの諸施策を実施します。また、UMACA投票の拡大やJRA初のキャッシュレス専用場外発売施設となる『エクセル茨城境』の開設等、より便利により多くのお客様が競馬に参加していただけるよう務めてまいります。
2020年度は京都競馬場整備工事や東京オリンピック開催への対応等により、一部例年とは異なる日程での開催となりますが、引き続き中央競馬をご愛顧いただきますよう、よろしくお願い申し上げます」

(JRA発表による)

「JRAスーパープレミアム」および「秋の2歳単勝」最終結果 [News] [News]
2019/12/28(土) 19:19

12月28日(土)は、「JRAスーパープレミアム」として、中山・阪神全レース(計24レース)の払戻率を引き上げ、全投票法(単勝・複勝・枠連・馬連・ワイド・馬単・3連複・3連単・WIN5)の払戻率を全て80%に設定し、払戻金増加額の合計は17億7940万3760円となった。

また、JRAの「2歳戦」全場・全レースの「単勝」を対象に、通常の払戻金に売上げの5%相当額を上乗せして払戻を行う「秋の2歳単勝」は9月7日(土)から12月15日(日)・12月28日(土)の期間中、計440レースで実施され、上乗せ合計金額は7億5237万710円となった。

なお、2020年の最初の開催日となる1月5日(日)には、JRAプレミアム「金杯馬連」が以下の通り実施される。

○金杯馬連
1月5日(日)に行われる中山金杯(GIII)及び京都金杯(GIII)の「馬連」を対象に、通常の払戻金に売上げの5%相当額を上乗せして払い戻しがなされる。

(JRA発表による)

【京都金杯】登録馬~ダイアトニック、ソーグリッタリングなど26頭 [News] [News]
2019/12/28(土) 19:17

1月5日(日)、京都競馬場で行われる京都金杯(4歳以上GIII、芝1600m)の登録馬は以下の通り。

【フルゲート18頭】

賞金上位馬

ダイアトニック
マルターズアポジー
ソーグリッタリング
ドーヴァー
ストロングタイタン

エメラルファイト
テリトーリアル
ロジクライ
オールフォーラヴ
ストーミーシー

ハッピーアワー
モズダディー
サウンドキアラ
メイケイダイハード
トラキチシャチョウ

エントシャイデン
ボンセルヴィーソ
メイショウショウブ

以下、除外対象馬

ブレステイキング
タイムトリップ
カテドラル
サイモンラムセス
マイネルフラップ

キョウヘイ
ハッピーグリン
プラチナムバレット

【中山金杯】登録馬~クレッシェンドラヴ、ギベオンなど25頭 [News] [News]
2019/12/28(土) 18:57

1月5日(日)、中山競馬場で行われる中山金杯(4歳以上GIII、芝2000m)の登録馬は以下の通り。

【フルゲート17頭】

クレッシェンドラヴ
ギベオン
ブラックスピネル
テリトーリアル
トリオンフ

レッドローゼス
マイネルサーパス
アンノートル
マイネルハニー
シャイニープリンス

ザダル
タニノフランケル
カデナ
イレイション
メイショウエイコウ

ウインイクシード
ノーブルマーズ

以下、除外対象馬

ブレステイキング
アクート
ショウナンバッハ
ソッサスブレイ
サイモンラムセス

ハッピーグリン
アールスター
トーセンスーリヤ

2019年JRAリーディングジョッキー、トレーナーが決定 [News] [News]
2019/12/28(土) 18:54

本年の中央競馬は、本日12月28日をもって全日程を終了した。

JRAリーディングジョッキーは、年間164勝(うち重賞16勝)を挙げたC・ルメール騎手(栗東・フリー)となり、3年連続3度目のリーディングジョッキーとなった。
また、JRA賞の騎手3部門(勝利数、勝率、獲得賞金)は下記のとおり受賞者が決定した。

《JRA最多勝利騎手》C・ルメール騎手
《JRA最高勝率騎手》川田将雅騎手
《JRA最多賞金獲得騎手》C・ルメール騎手

C・ルメール騎手のコメント
「3年連続でリーディングジョッキーになれて、とても嬉しいです。今年はスタートで出遅れてしまいましたが、色々な人の支えもあって、夏くらいからたくさん勝てるようになりましたし、大きなレースも勝てて自信を持って乗ることができました。オーナーや厩舎関係者の方々、応援してくれたファンの皆様に感謝しています。すべてのレースで馬の力を100パーセント発揮することを心がけて乗っていますので、これからも応援よろしくお願いします」

JRAリーディングトレーナーは、年間62勝(うち重賞4勝)を挙げた安田隆行調教師(栗東)となった。安田隆行調教師は1995年の開業以来、初のリーディング獲得となる。

安田隆行調教師のコメント
「自分が獲得できるとは思っていなかったので夢のようです。馬主の方々や厩舎スタッフ、安田隆行厩舎に関わるすべての方に感謝いたします。来年もこの勢いを継続できるよう頑張ります」

なお、JRA賞調教師部門及びその他の騎手部門(「MVJ」含む)は、地方・海外の指定レースでの成績を含むため、2020年1月4日(金)に発表する予定。

(JRAの発表による)

YJSファイナルラウンドの最終結果 [News] [News]
2019/12/28(土) 18:47

12月28日(土)、中山競馬場で行われた「2019ヤングジョッキーズシリーズファイナルラウンド中山」の結果を受けて最終結果が確定した。上位入賞を果たした騎手のコメントは以下の通り。

第1位 岩本怜騎手(岩手) 62ポイント
「最高です!(地元・船橋出身なので)今日は家族や中学校時代の友人も来ていた中で優勝できて、本当に嬉しいです。JRAでの騎乗は初めてでしたが、1戦目の芝がとてもきれいで気持ち良かったです。今日の経験を岩手で生かせるように頑張るので、応援よろしくお願いします」

第2位 松木大地騎手(兵庫) 53ポイント
「(昨日時点では首位に立っていたので)悔しいです!(最終戦は)人気もしていたのに、馬券に絡めず、すみませんでした。高知競馬でデビューから育てていただいて、その後園田競馬で揉まれたおかげでこういう場に立てているのだと思います。JRAのレースも面白いですが、僕は園田競馬のレースが一番面白いと思っているので、皆様、ぜひ見てください」

第3位 長谷部駿弥騎手(兵庫) 47ポイント
「表彰台に立つのが目標だったので、達成できて良かったです。なかなかこういう場は経験できないので、良い経験になりました。寒い中、僕たちのレースを見て応援していただき、ありがとうございました」

(JRAの発表による)

ホープフルSの表彰式プレゼンターを務めた棚橋弘至さん、獣神サンダー・ライガーさんのコメント [News] [News]
2019/12/28(土) 18:33

新日本プロレスの棚橋弘至さん、獣神サンダー・ライガーさんが本日のホープフルステークス(GI)の表彰式プレゼンターを務めた。コメントは以下の通り。

棚橋弘至さんのコメント 「競馬場にお伺いするのは2年前の有馬記念以来です。今日のレースも大変な盛り上がりでした。さらに、本日はベストターンドアウト賞という名誉ある賞の審査員として、類稀な経験をさせていただき、大変光栄に思います。馬券は勝ったり負けたりでしたが、とても楽しませていただきました。2020年の競馬は1月5日(日)から!では最後に、競馬ファンの皆さん、愛してまーす!!」

獣神サンダー・ライガーさんのコメント 「私は約5年ぶりに競馬場に伺いましたが、今も昔も変わらない競馬場の熱気に改めて感動を覚えました。本日はプレゼンターという大変名誉な役目をいただき、貴重な経験ができました。本日馬券は11Rで勝負しましたが・・・ご想像にお任せします。個人的にもまた競馬場に遊びに来ようと思っています!」

(JRA発表)

2019年度関西テレビ放送賞はクリストフ・ルメール騎手 [News] [News]
2019/12/28(土) 18:32

2019年度関西テレビ放送賞(関西所属騎手年間最多勝)がクリストフ・ルメール騎手(栗東・フリー)に贈られることになった。受賞は4年連続。


(JRA発表)

全339件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の10件 ]