四位洋文騎手の引退セレモニーが行われる [News] [News]
2020/02/29(土) 17:51

四位洋文騎手(栗東・フリー)は、29日の阪神12レース(ヴィント・7着)が現役最後の騎乗となった。レース終了後に行われた引退セレモニーでのコメントは以下の通り。

「たくさんの良いお馬さんに出会えたことを再認識しました。日本ダービーは小さい頃からの夢であり、2つも勝たせていただいたことは本当に幸せです。本来、ファンの皆様の前でご挨拶をすべきところですが、今日29日という日を区切りにしたいと思い、我が儘を言わせていただきました。やはり、ファンの皆様がいない競馬場は寂しいです。なるべく早く、本来の競馬場の姿に戻ることを強く願っています。僕自身、これまで長く騎手を続けられてこられたのは、たくさんの仲間やオーナー、色々な関係者の方々、そしてファンの皆様のおかげです。今日で騎手を引退しますが、これからは、調教師としてウイナーズサークルに帰ってくることができるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。本当に長い間ありがとうございました」

(JRA発表による)

無観客競馬について吉田正義JRA総合企画担当理事のコメント [News] [News]
2020/02/29(土) 17:47

無観客競馬について吉田正義JRA総合企画担当理事がコメントを発表した。

「JRAとして初めての無観客競馬が大きなトラブルなく終了し、先ずは、お客様のご理解と関係者の皆様のご協力に感謝を申し上げます。今後も、新型コロナウイルスの感染拡大防止につとめるとともに、明日以降の競馬も安全に実施できるよう取り組んでまいります」

(JRAの発表による)

「2020 STCインターナショナルジョッキーズチャレンジ」における武豊騎手の騎乗成績について [News] [News]
2020/02/29(土) 17:40

2月28日(金)、サウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われた「2020 STCインターナショナルジョッキーズチャレンジ」における武豊騎手(栗東)の騎乗成績は以下の通り。

第1戦(ダート1400m) 
セイフアルシャマール 
9着/14頭(0ポイント)

第2戦(ダート1600m) 
モードゥーン     
6着/14頭(0ポイント)

第3戦(ダート1800m) 
マハボウラ
2着/14頭(10ポイント)

第4戦(ダート1200m) 
ガラシタ※
8着/14頭(0ポイント)
※騎乗馬がヤフーズから変更となった。

シリーズ結果
優勝 M.スミス(アメリカ)       33ポイント
2位 S.ヴォークト(スイス)      29ポイント
3位 M.ミシェル(フランス)      15ポイント
   L.オールプレス(ニュージーランド)15ポイント

武豊騎手のコメント
「第1回の開催ということでバタバタ感はありました。コースは、ダートの質が良くて非常に乗りやすく、馬にも良い馬場だと思います。惜しいレースが1レースありましたが、4レースに乗ったので1勝はしたかったです。残念だったけど面白かったです。サウジアラビア競馬の独特の雰囲気も味わいました。今日の経験を、明日のレースに活かしたいです」

(JRAの発表による)

明日の出走取消(中京1R) [News] [News]
2020/02/29(土) 17:38

明日の中京1Rに出走予定だった3番ウインクルジニーは、右前肢フレグモーネにより出走取消となった。

(JRAの発表による)

【豊橋特別】(中京)14番人気のコスモエスパーダが押し切って3勝目 [News] [News]
2020/02/29(土) 17:28

中京12Rの豊橋特別(4歳以上1勝クラス・芝1400m)は14番人気コスモエスパーダ(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒6(良)。半馬身差の2着に13番人気アイワナビリーヴ、さらにアタマ差の3着に4番人気ダンシングチコが入った。

コスモエスパーダは美浦・伊藤大士厩舎の4歳牡馬で、父レッドスパーダ、母コウユーヒカリママ(母の父ロックオブジブラルタル)。通算成績は14戦3勝。

レース後のコメント
1着 コスモエスパーダ(柴田大知騎手)
「このところ具合が良く、今週の調教でも抜群の動きでした。今日のようなレースが合っているのかもしれません。力のある馬でダートから芝に替えたのも良かったようです」

2着 アイワナビリーヴ(吉田隼人騎手)
「今日はメンコを外してみたのですが、ゲートで少しうるさかったです。枠が良かったのでうまくリカバリーできました。自分が乗った中で今日が一番状態が良かったです。最後もあれだけ脚を使えましたし、復調しているようです」

【サンシャインS】(中山)早めに動いた人気のサンアップルトンが4勝目 [News] [News]
2020/02/29(土) 17:16

中山11Rのサンシャインステークス(4歳以上3勝クラス・芝2500m)は1番人気サンアップルトン(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分34秒1(良)。クビ差の2着に2番人気ヒシヴィクトリー、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気ゴールドギアが入った。

サンアップルトンは美浦・中野栄治厩舎の4歳牡馬で、父ゼンノロブロイ、母シナル(母の父キングカメハメハ)。通算成績は10戦4勝。

レース後のコメント
1着 サンアップルトン(柴田善臣騎手)
「リラックスして走っていました。仕掛けられてからの反応もまずまずで、今日はしっかりと結果を残してくれました。馬も若いし、まだまだ良くなると思います」

2着 ヒシヴィクトリー(木幡巧也騎手)
「最後にモタれる面が凄かったです。2500mもしっかりとこなして、息の入りも良かったです。最後にモタれるまでは、完璧でした」

3着 ゴールドギア(田辺裕信騎手)
「開幕週の馬場で、あまり外を回らないように注意して行きました。この馬には合わない馬場でしたが、よく走っていると思います」

7着 タイセイモナーク(石橋脩騎手)
「調教師からは、良い位置でしぶとさを活かしてほしいと言われていました。前目のポジションで運んでいきましたが、ペースが流れていた分、最後はしんどくなりました」

【仁川S】(阪神)ヒストリーメイカーが人気に応えOP初勝利 [News] [News]
2020/02/29(土) 17:10


阪神11Rの仁川ステークス(4歳以上オープン・リステッド・ダート2000m)は1番人気ヒストリーメイカー(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分04秒1(稍重)。半馬身差の2着に3番人気クリンチャー、さらにクビ差の3着に2番人気アポロテネシーが入った。

ヒストリーメイカーは栗東・作田誠二厩舎の6歳牡馬で、父エンパイアメーカー、母チヨノドラゴン(母の父バブルガムフェロー)。通算成績は26戦14勝。

レース後のコメント
1着 ヒストリーメイカー(藤岡佑介騎手)
「まずは無事に終われて良かったです。前走も良い競馬で手応えがありました。使われてきて、道中は行きたがったり、もたれていましたが、うまくやり過ごせました。馬に「何とか頼む」と願いながら追っていました。最後まで凌いでくれて良かったです。作田先生は中京に行っていて、ここにはいないのですが、これも"らしい終わり方"かなと思います」

4着 コマビショウ(和田竜二騎手)
「今日は反応が鈍かったです。勝ち馬をマークして、ひと伸びあるかというところでしたが、余裕がなくジリジリとしていました」

【中京スポニチ賞】(中京)サンレイポケットがハナ差の接戦を制す [News] [News]
2020/02/29(土) 16:48

中京11Rの中京スポニチ賞(4歳以上2勝クラス・芝2000m)は1番人気サンレイポケット(荻野極騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒8(良)。ハナ差の2着に5番人気ニューポート、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気トミケンボハテルが入った。

サンレイポケットは栗東・高橋義忠厩舎の5歳牡馬で、父ジャングルポケット、母アドマイヤパンチ(母の父ワイルドラッシュ)。通算成績は10戦3勝。

レース後のコメント
1着 サンレイポケット(荻野極騎手)
「今日は全体的にリズムが良くなかったのですが、ラストはしっかり伸びて勝ち切ってくれました。馬の力だと思います。よく頑張ってくれました」

2着 ニューポート(吉田隼人騎手)
「勝ったと思ったのですが...。競馬が上手なタイプで、出たなりで運んで、人気馬が動くのを見ながら良いタイミングでスパートできました。勝ち馬の決め手が上だったのだと思います」

3着 トミケンボハテル(北村友一騎手)
「出していこうとしたら、ブレーキをかけるようなところがありました、楽に行き脚がつけば、もっとスムーズな走りができそうです。行き切ってからは気分良く、直線を向く時も手応え十分だったのですが、苦しくなると気の悪さを出すところがあると感じました」

5着 コーカス(岡田祥嗣騎手)
「連闘でも状態は大丈夫でしたし、位置取りも流れも良かったです。もう少し伸びてくれるかと思ったのですが...」

【富里特別】(中山)ハーメティキストが2馬身差の快勝 [News] [News]
2020/02/29(土) 16:33

中山10Rの富里特別(4歳以上2勝クラス・芝1800m)は3番人気ハーメティキスト(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒1(良)。2馬身差の2着に1番人気ヒシイグアス、さらにクビ差の3着に2番人気ダディーズマインドが入った。

ハーメティキストは美浦・木村哲也厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母ミスティックリップス(母の父Generous)。通算成績は8戦3勝。

レース後のコメント
1着 ハーメティキスト(北村宏司騎手)
「今日はゲートの出が良かったことが大きな勝因です。道中は折り合いもついて、勝負どころも良い感じで、あとは直線で前が開けばという状況でした。開いた瞬間に伸びてくれて、良い内容で勝てました」

3着 ダディーズマインド(宮崎北斗騎手)
「展開がうまく行きましたが、切れ味勝負になったことは厳しかったです。力は上位ですので、勝つ順番が回ってくると思います」

4着 プレイヤーサムソン(横山和生騎手)
「一瞬だけ脚を使うと陣営から話を聞いていたので、そのイメージで大事に乗りました。確かに一瞬だけでしたが、よく頑張ってくれました」

6着 エピックスター(田辺裕信騎手)
「もっと時計がかかったほうが、この馬には良いかもしれません。3コーナーから4コーナーにかけての手応えがあまり良くなかったです」

明日の騎手変更(川島信二騎手) [News] [News]
2020/02/29(土) 16:15

川島信二騎手は落馬負傷のため、3月1日(日)の阪神競馬で騎乗予定だった以下のレースで騎手変更となった。

12R 3番 サンビショップ
川島信二(57)→藤岡佑介(57)

(JRAの発表による)

全269件中 1件〜10件目を表示 [ 1 2 3 4 5 6 次の10件 ]